概要

Rustは非常に高速でメモリ効率が高くランタイムやガベージコレクタがないため、パフォーマンス重視のサービスを実装できます。組込み機器上で実行したり他の言語との調和も簡単にできます。Rust応用研修はRust言語の応用的な機能を理解することを目的とした研修です。Rust言語を基本から学ぶたい方はRust入門研修がお勧めです。

目的

  • Rustの特徴を理解する
  • Rustの応用範囲について知る
  • Rustの並列処理について知る

対象者

  • Rust言語の応用について学びたい方

前提知識

  • Rust言語の少しでも触れたことがある方
  • C言語、C++またはJava言語のコーディングができる方
  • コマンドプロント、ターミナル操作の少しでも経験がある方

日数

2日(カスタマイズ可能)ご相談下さい。

研修内容詳細

1 Rustの特徴
 1.1 Rustの誕生
 1.2 Rustの特徴
 1.3 簡単に試すには

2 はじめの一歩
 2.1 Hello, world
 2.2 cargoコマンド
 2.3 Hello,worldを見直す
 2.4 ソースファイルの構成

3 基本文法
 3.1 コメント
 3.2 変数
 3.3 基本データ型
 3.4 文字列型
 3.5 演算子
 3.6 条件分岐
 3.7 繰り返し
 3.8 関数

4 所有権
 4.1 所有権システム
 4.2 所有権の移動
 4.3 借用と参照
 4.4 可変な参照

5 構造体
 5.1 構造体とは
 5.2 メソッド
 5.3 (参考)自作の構造体を表示する

6 Enum
 6.1 Enumとは
 6.2 Option型
 6.3 パターンマッチ
 6.4 Result型
 6.5 エラー処理
 6.6 (参考)型名を調べる

7 コレクション
 7.1 ベクタ型
 7.2 文字列
 7.3 ハッシュマップ
7.4 Box

8 入出力
 8.1 定義
 8.2 環境変数
 8.3 標準入出力
 8.4 ファイル入出力

9 モジュール
 9.1 モジュールとは
 9.2 モジュールとファイル分割
 9.3 use文
 9.4 cargoが特別扱いするファイル
 9.5 クレート
 9.6 外部クレート
 9.7 ローカルパッケージを使う

10 ジェネリクス
 10.1 ジェネリックスとは
 10.2 ジェネリックな構造体
 10.3 ジェネリックな関数

11 トレイト
 11.1 トレイトとは
 11.2 デフォルト実装
 11.3 トレイトの境界
 11.4 トレイトの継承
 11.5 関数型
 11.6 演算子オーバーロード

12 ライフタイム
 12.1 ライフタイムとは
 12.2 static ライフタイム
 
13 オブジェクト指向
 13.1 Rsutのオブジェクト指向の考え方
 13.2 オブジェクト化とカプセル化

14 関数型
 14.1 クロージャ
 14.2 関数ポインタ
 14.3 イテレータ

15 テストの自動化
 15.1 ユニットテスト
 15.2 テストの書き方
 15.3 テスト用関数
 15.4 テスト用モジュール
 15.5 アサーションマクロ

16 マクロ
 16.1 マクロの種類
 16.2 マクロは本当に必要か
 16.3 簡単なマクロ
 16.4 繰り返しを含むマクロ

17 C言語とのインターフェース
 17.1 FFI(他言語関数インターフェース)
 17.2 RustからCを呼び出す
 17.3 CからRustを呼び出す

18 並行プログラミング
 18.1 スレッド
 18.2 スレッドの作成
 18.3 スレッド間でのデータ共有
 18.4 非同期ランタイムの利用

Rust応用研修のお申込み・お問合せ

一社個別研修お申込み・お問合せ

一社個別研修のお申込み、お問合せは下記より受け付けております。
ご質問だけでもお軽にお問合せください。
折り返し担当者よりご連絡を差し上げます。

申し込み・お問合せする