Twitter4Jを使う

JavaからTwitterAPIを使って、ツイートしたりツイートを検索したりするには、Twitter4Jを使うのが便利です。

今回はその簡単なサンプルで使い方を紹介すます。

 

まず、はTwitter4Jをダウンロードします。

http://twitter4j.org/ja/index.html

解凍したjarファイルをクラスパスに追加します。

 

Twitter APIのキーを取得

APIを使用するTwitterAPIのアカウントのキーを

Twiterのサイトで取得します。

取得したキーはプログラムで利用しますので、コピペしておきます。

 

ツイートする

では、簡単なツイートするプログラムを書きます。

手順は

・認証

・投稿

と順で書きます。

取得したキーの値です。見ての通り簡単ですね。

次に、あるユーザのツイートを検索する例です。

getUserTimelineメソッドで、ユーザ名を指定すればユーザのツイートが取得できます。

以外と簡単なので、Javaの初学者向けに題材として取り上げれば、楽しみながらJavaをマスターできそうですね。